出会い系サイトで知り合った熟女のスゴ技

某有名出会い系サイトを使って知り合った45歳バツイチ熟女のお話です。待ち合わせ当日までお互いの写真は交換せずにメールだけのやり取りをしていました。正直出会い系で出会う熟女なんて一切期待しておらず、単なる性欲発散のつもりでした。そして待ち合わせ当日になり、とある場所で待っていると、目の前に現れたのは超グラマーボディの美人熟女でした。どう見ても見た目は30代に見える程若く綺麗な方でした。テンションも上がり彼女を車に乗せて色々な質問責めをしてしまいました。なんで出会い系なんてしてるの?結婚してますか?本当に45歳?と聞きますが、彼女は笑って答えてはくれませんでした。そして私の家でお酒を飲む約束をしていたので、私の自宅に向かい車を走らせました。そして自宅につきビールで乾杯して大いに盛り上がりました。私は彼女の綺麗なカラダと顔にすっかりと見惚れていました。すると彼女は恥ずかしいから、あんまり見ないで…と可愛く恥ずかしがるのです。そんな感じでお酒は進み気が付くと23時過ぎになっていました。彼女は何時までお邪魔していいの?と聞いてきたので好きなだけいて下さい!と答えました。すると彼女にじゃあそろそろ寝ようかと言われ、寝室のベッドに一緒に寝転がりました。隣で横になる彼女にゆっくりと手を伸ばすと何の抵抗も無く私の腕に抱かれてくれました。彼女からは香水と汗が混ざった官能的な匂いがしてきて、思わず息子もビンビンに勃起しています、素早く彼女を全裸にして胸にしゃぶりつきました。そして彼女の秘部に貪りつき、ジュルジュルと音を鳴らしてクンニ責め。 感度抜群の彼女は何度も何度も大きな喘ぎ声を上げ秘部はぐっしょりと濡れていました。ガマン出来なくなったのか、彼女は私の下着をずりおろしギンギンに勃起した肉棒をバキュームフェラしてきたのです。思わず喘ぎ声が出てしまうほど気持ちの良いフェラテクでした。玉舐めにアナル舐め、亀頭から裏筋と男の肉棒を知り尽くしたかのような濃厚フェラに一気に射精感が高まってきました。存分にフェラで肉棒を舐めた後、彼女は自ら僕に跨り大きく腰を振る騎乗位セックスでハメてきました。腰の振りとエロい喘ぎ声、締め付けのよい性器の攻撃に、もはや我慢することは不可能になり彼女の中に精液をぶちまけました。そして精液まみれになった私の肉棒をバキュームフェラでお掃除する彼女。プレイ後も余韻を楽しむように朝まで抱き合って眠りました。その後、彼女の仕事が忙しくメールでしか連絡が取れていませんがもう一度熟女のバキュームフェラを味わいたいと思う今日この頃です。

三次元の女性よりエロアニメの美少女

筆者が大のアニメ好きだからこそ分かる事だが、エロアニメというのは三次元の女性より興奮してしまう部分がある。それは三次元の女性よりも、ある意味女性がデフォルメされて表現されているからだと考察する。肌艶や顔の紅潮具合、胸やお尻の艶めかしい表現の仕方など男性が理想とする女性としてえがかれている。また、魅力の一つとして、エロアニメだとリアルの女性より生々しくならないので、フィクションとして割り切れるところがあるだろう。どんなに無惨で非情な犯され方をしていようと、現実では有り得ないと割り切れば素直に観れるものだ。最近では草食系男子という言葉があるが、リアルの女性だと現実味がありすぎて二次元でしか興奮できないという人も年々増えているそうだ。男なら一度は想像したことがあると思うが、何の穢れも知らない美少女とエッチをしてみたいという願望を心の奥底に持っているはずだ。その願望を叶えることが出来るのがエロアニメ動画なのだ。アダルトジャンルの中では唯一と言っていいだろう。さらにエロアニメが人気になっている理由には声優の存在があるだろう。人気声優が裏名義でエロアニメ出演という話はしょっちゅうある事なので、普通のアニメファンもエロアニメを観てみると良いだろう。

妹と姉のレズセックスを目撃してしまった

あれは俺が高校生の時だった。俺は三人兄弟で姉と妹がいる。その日親が旅行に出掛けていて俺たち兄弟だけが家にいた。そんなに姉と妹と仲が良い訳じゃなかったので俺は食事した後に風呂に入り自分の部屋で寝ようとしていた。隣の部屋は姉と妹の部屋だったのだが、なにか妙な声と服が擦れる音が聞こえてきた。何の音だと思い耳を澄ませてみると、ディープキスをしているようなクチュクチュという音が聞こえてきた。俺はこの音を聞いて絶対にレズっていると確信した。どうにかしてプレイを覗けないかと考えベランダからこっそりと近づいて窓の外から見る事にした。姉たちの部屋を見てみるとまるでアダルトビデオみたいな世界が広がっていた。姉と妹が裸になって抱き合いながらディープキスをしている。二人の全裸を見るなんて10数年ぶりだったがめちゃくちゃ興奮してしまった。「ここが気持ちいいの?」とか「きゃっ…あぁイヤ…」とか言って性器を弄り合う姿を見ていつの間にか俺は自分の股間を握りしめていた。貝合わせのような形でお互いの性器を擦り合せる二人。それを見ながらオナニーしている自分に罪悪感を感じたが目の前で繰り広げられるレズプレイに目を奪われてしまった。そしてひときわ大きな喘ぎ声を上げて姉と妹は昇天したらしい。同じタイミングで俺も射精してパンツの中はベトベトになってしまった。そこから30分近く姉妹でレズプレイしていたが、その間もずっと見ていて、また射精してしまう俺。しばらくすると服を着て一緒のベッドで眠り始めた。そのタイミングで俺も部屋に帰り洗面所で汚れたパンツを洗ったのだった。

デリヘルについて詳しく解説

現在日本にはたくさんの風俗ジャンルのお店があり全国の男性たちに喜ばれています。時代によって風俗ジャンルの人気が変化する業界ですが、近年独自のスタイルで人気を集めているのがデリバリーヘルスです。利用者は自宅やホテルにいるだけで女性からサービスを受けることが出来るので風俗ジャンルの中でも一番人気と言っても過言ではありません。また他の風俗ジャンルに比べて営業時間が長いことも人気の一つで24時間営業の店舗も増えてきています。とある県では県内にある風俗店の9割がデリヘル店だという所もあるくらい人気があるのです。デリヘルは無店舗型風俗とも呼ばれています。無店舗型と言われるように店舗をもたず営業しています。ピンサロやソープのようにお店の中でサービスを提供する風俗とは全く違いますね。女性の待機場所くらいはあるかもしれませんが、そこでは性的サービスを受ける事は出来ません。利用者は家やホテルで待っていればいいだけなので非常に画期的なシステムですね。デリヘルは基本的には女性が出張してこちらが指定した場所まで来るのが基本的なスタイルですが、中には待ち合わせと呼ばれるサービスを行っているお店もあります。この待ち合わせはホテルや家ではなく、外で待ち合わせをして恋人気分を味わえるシステムになっています。お店によってはオプションでノーブラ、ノーパンや服装の指定ができるお店も存在します。来てくれた女性にもよりますが手を繋いでデートをする事も可能です。また地域によってはお客さんの車に乗って出張するというパターンもあるそうです。地域性によってもデリヘルの形態は少しずつ変わってきます。各地域の風俗デリヘル情報を検索できるサイトも増えているので興味がある人は調べてみるのもいいかもしれません。

熟女の母が昔味わった屈辱

俺が高校生の頃の話。野球部に所属していた俺と友人Hは遂に勝ち取った甲子園予選出場決定に喜びながら帰路についていると3人のおっさんに絡まれた。このおっさん3人は知っている人達でうちの母が経営している喫茶店によく来ては卑猥な話で困らせる迷惑客だった。すると突然その3人の内一人がニターっと笑いながら近づいてくるや否やHに唾を吐きかけた。Hの叫び声と脳裏に過った母の困る顔に言いようのない怒りが込み上げてきて気づいた頃にはオッサンをボコボコにしていた。翌日内の高校は甲子園予選を辞退。何もかもを失った俺は自殺を考える程追い込まれていたのだが翌日学校に登校すると事態は急変していた。あのオッサン3人組みが暴力事件を無かった事にしていてくれていたのだ。監督に今すぐお礼を言ってこいと言われオッサン3人組の元へ向かった。「無かったことにしていただいてありがとうございました」と言うと一人のおっさんが「あんな綺麗なお母さん悲しませちゃダメだぞ?」とニタニタと笑いながら部屋の片隅にあった一脚の高級なソファーを眺めていた。俺はその時全てを悟った。母は俺の知らない間にここへ来て事件を無かった事にする代わりに身体を売っていたのだ。別のオッサンがソファの肘掛を撫でながら「ここに足を乗っけて股をおっぴろげて、絶景だったわ」と嬉しそうに語っていた。「お前らぶっ殺す!」と殺意むき出しに襲いかかろうとしたが「おう殴れや。お前の為に今度はあの熟女ケツの穴見せる事になるぞ?」と脅しをかけられた。母をこれ以上悲しませてはいけないと思い腸が煮えくり返る様な思いを堪えながら母の待つ喫茶店へ向かった。母はいつもと変わらず「遅かったじゃない、心配したのよ?」と微笑んでいた。「試合続けられる事になった」というと「そう、良かったわね。頑張りなさいよ!」背中を叩かれた。俺はその日部屋で一人ベッドに顔を埋め号泣した。

露出プレイで喘ぐ人妻を観るのが日課でした

運動部に所属していなかった私は毎朝5時頃ジョギングを行うのが日課でした。田圃を迂回し農家がポツポツと数件点在するお気に入りのコース。ある朝いつものようにそのコースを迂回していると「あああん」みたいな声が聞こえて来たので気になった俺はその声のする家の裏手に回りました。すると全裸になった夫婦が庭でセックスしていたんです。人妻の方は木に手をついて後ろから夫らしき男性がガン突き。思わず見入ってしまいました。生唾を飲みながら「もっと近くで見たい!」と好奇心に駆りたてられその夫婦が居る3メートル位近くの木陰まで移動しました。急接近したおかげで聞き取れなかった喘ぎ声とかも聞こえる様になって「もっと突いて…もっと!」とか「あぁん、奥まで頂戴!」みたいな声がハッキリ聞こえる様になりました。思春期真っ只中の俺は大興奮、アソコもギンギンになっており気づけば息子を片手にその夫婦のセックスを眺めながらしごいていました。立バックが終わると夫が髪の毛を鷲掴みにしフェラチオを強要されていましたが、途中からは人妻の方が自ら肉棒をしゃぶり出しました。俺のが舐められている様な感覚に浸りながら隠れていた木に思いっきり射精しその日は逃げる様に帰りました。それから私は5時のジョギングを4時に変更し週に数回見れる夫婦の青姦を楽しんでいました。一番最高だったのはベランダでセックスしていた時、私の方を向きながら騎乗位していた時が一番最高でした。M字開脚で挿入しているので結合部分が丸見えなんです、傑作でしたね。そして冬が到来し始めたある日の事、ピタリとその夫婦の青姦は観る事が出来なくなってしまいました。外が寒くなってしまってやらなくなってしまった様でした。カメラ持って来れば良かった…と今でも後悔しています。因みに現在でも偶にその時の情景を思い浮かべながら夜のオカズにして楽しんでいたりします。